オーストラリア大規模森林火災 多くの野生生物絶滅の危機に!

昨年9月頃から、オーストラリアの大規模森林火災が報じられ続けています。例年にない気温の上昇と乾燥した大気、ユーカリの木(引火性のある成分が含まれている)の自然発火等が原因とされています。もちろん「気候変動」も深刻な大規模火災を誘発した一因です。

環境問題(気候変動、絶滅危惧種、汚染等)のニュースサイトであるRevelatorの副編集長タラ・ローハン氏が、1月13日、オーストラリアの大規模森林火災による野生生物の生息地減少が、絶滅危惧種の絶滅を招くことを記事にしました。

オーストラリアの山火事 絶滅の危機は何十年も続く

何百もの炎が、絶滅の危機に瀕する生物種を絶滅に近づけるかもしれない。昨今のオーストラリアの野生生物危機は、はるかに大きな問題を暗示している。

オーストラリア全土で何百発もの火災が世界の注目を集め、大陸に消えることのない傷跡を残した。少なくとも27人が亡くなり1500万エーカー(日本国土の約16.1%)が焼失し、2000戸近い家屋が破壊された。動物たちが死にあるいは深く傷ついた写真が目に焼きついた。

山火事で死んだ野生生物の正確な数はしばらくわからないが、シドニー大学の生態学者クリス・ディックマン氏は、その数を10億匹にのぼると推定した。記録的な干ばつと高温が山火事に拍車をかけているため、オーストラリアの恐怖は、気候変動によって増幅した災害の脅威になりかねないと専門家が警告している。それは気候変動対策への呼びかけを引き起こす可能性がある一方で、絶滅危機について警鐘を鳴らすことにもなる。

大火事とその結果生じる生物多様性の損失を壊滅的にした歴史的な要因に光を当てるべきだ。

生物多様性の炎上

地球は比類のない生物多様性の危機を経験していて、百万もの種が絶滅に直面している。 この問題は、おそらくオーストラリアで最も深刻に受けとめられていて、1,800種以上の動植物種が連邦政府によって絶滅危惧種としてリストアップされている。

オーストラリア大陸は世界で最も重要な生物多様性のホットスポットの1つであり、その80%以上の動植物種が他のどこにも存在しない。山火事は、いくつかの種を直接、または火災による食物・生息地・シェルターの損失によって一部の種を絶滅させる可能性がある。(中略)

気候変動によって、オーストラリアの火災シーズンは長くなり、ますます厳しさを増している。多くの地域で山火事の発生頻度が増えていて、山火事に適応した種でさえ、連続して発生する山火事のために回復し元に戻ることが難しくなっている。

「すでに一部の地域では生態系が崩壊している。高地の高山灰の森林は生物多様性のあった潤沢なユーカリ林から、発育不良の可燃性の高い森林に変貌しつつある」とオーストラリア国立大学の野生生物生態学の教授で、クイーンズランド大学の主要研究員であるサラ・レゲ氏は述べた。

山火事の規模と強度は多くの野生生物にとって悪いニュースであり、専門家は約200種の絶滅危惧種がすでに影響を受けていると推定している。その中には、絶滅寸前まで追いやられる種もある。絶滅危惧種の有袋動物であるカンガルー島ダンナートでは、生息地の95%をすでに失っているかもしれない。

「ビクトリア州東ギップスランドで見つかる小型の有袋動物であるアシナガ・ネズミカンガルーや、ニューサウスウェールズ沿岸のベイトマンズ湾近くのスプリング・ミッジオーキッド(ラン系の植物)も同様の運命が待ち受けています」、「分布が最も小さい種は最も大きなリスクにさらされている。保護対策が実施されている種はごくわずかです。一部の種では、数週間の間に長年の保存努力が水の泡になりました。我々は山火事が頻繁に繰り返される未来に直面しています」とサラ・レゲ氏は述べた。

マウントクーパーの縞トカゲは、2000年~2017年の期間で生息地の25%を開発のために失った。低木のマッカースリア(マカトウリ科に属する双子葉植物)は23%を失い、錦静鳥(キンセイチョウ)は10%を失った。さらによく知られている最愛のコアラは、潜在的な生息地の2%である約250万エーカー(100万ヘクタール:東京ドーム213,880個分)を失った。

種の保存にかかるマーティン・テイラー氏ら著者は、オーストラリアの主力環境法制では、絶滅危惧種リストに載っている種や、生息地の喪失を制限する効果がほとんどない。生息地の喪失が種絶滅の主な原因であることから、私たちは生息地を保護するメカニズムが連邦の法律に組み込まれていることを強く求めると結論づけた。

連邦政府はEPBC法(Environment Protection and Biodiversity Conservation Act: 環境保護及び生物多様性保全法)に関する調査に回答しなかったようだが、調査が公開されてから1か月後に、「グリーンテープ」と呼ばれるものを減らし、より簡素化するために法律の見直しを命じた。

(therevelator.org) 

https://therevelator.org/australia-bushfires-extinction/

2 thoughts on “オーストラリア大規模森林火災 多くの野生生物絶滅の危機に!

  1. 10億匹との推定、その命の喪失に人類が大きく関わっているのですね。
    人類は、人間は、ナチスの大量虐殺のようなことをやり続けている。そのやり続けるひとりにやはりわたしもいるのです……

    1. そのような虐殺の勢いもスローペースだったものが、昨今2字曲線のようにハイペースで破滅の方に急行している感があります。

ぽつり に返信する 返信をキャンセル

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA