スマート牛と5Gワイン(未来農場)

イギリス都市部の若者向けニュースサイトMetroニュースで、10月23日、ロブ・ウォー氏が、著名人が訪問した未来農場の実態を記事にしました。

著名人とは、イギリスのハンナ・フライ博士(数学者、作家、TVポッドキャスター、演説家)とコメディアンのスージー・ラッフェル氏(コメディアン、作家、俳優)です。

スマート牛、プリント・ディナー、垂直農法、5Gが食品業界をどのような変化をもたらしているか

テクノロジーは、我々が食品を生産する方法に5Gの魔法をまき散らし、ビーガン・ステーキ(完全菜食主義者の植物ステーキ)を印刷するプリンターなど奇妙で素晴らしい革新を推進している。

スマート牛

「スマート牛が大好きです」、「基本的にはフィットビット(Fitbit社が製造する歩数、消費カロリー、睡眠状況などを計測し、ヘルシーアドバイスをするアクセサリー)をつけた愛すべき牛です」とハンナ・フライ博士は言う。

「牛にとって足を一歩踏み出すことはとても大切です」とコメディアンのスージー・ラッフェル氏は笑う。

しかしながら、「スマート牛」テクノロジーは真剣なビジネスであり、牛がより幸せで健康的な生活を送るのに役立つ。イギリス南西部のシェプトン・マレットのアグリ・エピセンターでは、牛は農家の動きや健康状態を追跡するのに役立つ5Gスマートカラー(牛用監視システム)とハイテク・イヤータグ(耳標)をつけている。

「動物に付いているセンサーは、準備ができたときに搾乳することを意味する」と彼女らは学ぶ。「牛には実際に選択肢がある。それはかなりクールですよね?」とスージー氏は言う。

ハンナ博士は「これらのセンサーをすべて備えているということは、牛乳の温度や牛乳の電気伝導率(牛が乳腺炎に罹患しているかどうかがわかる)をチェックするなど、本当に賢いことを実行できるのだ。

牛が反芻(一度飲みこんだ食物を再び口中にもどし、よくかんでからまた飲みこむ)している頻度を測定するタグを耳につけている。それは牛に腹痛があればわかるし、3Dスキャンを行って体重が正しく増えているか確かめるカメラもついている。

 「Future of agriculture」 Stuart Oda

自分の夕食を印刷する

夕食を「印刷」する機械は、スタートレックのようなSFテレビ番組の定番だが、その技術は今や現実のものになりつつある。「印刷食品」は、人々が肉食を減らすのに役立つ(そして地球を救うのに役立つ)。非常に説得力のある肉の代替品につながる可能性がある。

この技術は、人々の個々の栄養ニーズに合わせて作られた、超健康的なオーダーメイドのディナーにつながる可能性があると彼女らは学ぶ。

ハンナ博士とスージー氏は、ビーガンに優しい3Dプリントの植物ベースのステーキを製造する革新的なフードテック企業であるノバミートから話しを聴いた。ノバミートは植物性ペーストを注射器に入れ、3Dプリンターを使って本物のステーキを作る。同社は、ステーキや豚肉に代わる植物ベースの代替品を製造している(そして現在、スージー氏お気に入りのマグロ・ステーキに取り組んでいる)。

スージー氏は、「これらの主な目的は、肉食に代わる選択肢を提供することによって、食肉産業が環境に与える影響を減らすこと」と述べている。基本的には、プリンター・カートリッジにタンパク質マッシュを詰め込み、肉片のデザインをアップロードすると、プリンターは非常に薄い繊維の層を何層も重ねて、歯ごたえのあるメッシュのような肉を作る。

垂直農場

未来の農場は、生け垣で区切られた芝生フィールドのグリッドではなく、互いに積み重ねられた植物の層になるだろう。ハンナ博士とスージー氏は、農業のハイテク未来を探求する先駆者達を訪ねる。それは、植物が垂直に積み重なって繁栄する屋内の「垂直農場」だ。

垂直農場では、水耕栽培やエアロポニックス(噴霧型水耕)などの技術を使用して、垂れ下がった根に液体を噴霧して植物に栄養を与え、より持続可能な方法で食料を栽培する。

垂直農業従事者のLet Us Growによると、2050年までに、世界は25%減じた農地で、70%増の食料を生産する必要がある。

ハンナ博士とスージー氏は、ロンドンのパディントンに本拠を置く垂直農法会社であるスクエアマイル・ファームの創設者ジョン・ランサム氏に会う。 「スクエアマイル・ファーム社では、従来の農法に対するイメージを窓から放り投げてしまったようだ」とハンナ博士は述べている。

5Gワインを注いでください

結局のところ、5Gワインを飲むよりもっとリラックスする良い方法はないのだろうか。 ハンナ博士とスージー氏は、気候センサー・ステーションやドローンなどの技術を使ってブドウを最大限に活用する「つながるブドウ園」の世界を探検する。

彼らはワイン技術の専門家であるジョナサン・ロッドウェル氏に、ワイン製造のパイオニアが新たな境地を開拓するのに、5Gがどのように役立っているかについて話す(もちろん5Gのグラスワイン越しに)。

(metro.co.uk)

https://metro.co.uk/2020/10/23/smart-cows-printed-dinners-and-vertical-farms-how-5g-is-changing-the-food-industry-13426060/

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA