スモールビジネストレンド

(freepik.com)

主要なテクノロジー、政治とビジネス・ニュースについて価値ある情報を提供しているValueWalkのサイトで、8月21日、テクニカル・ライターのニハリカ・グプタ氏が、中小企業のビジネストレンドを記した。

これからの中小企業にとって、いかに顧客にパーソナライズされた商品・サービスを提供していくかが問われる時代となった。

「乱気流時代の最大の危機は、乱気流そのものではない。乱気流を乗り切るために昨日の論理で行動することだ」ピーター・ドラッカー

ビジネス環境、トレンド、テクノロジーは変わり続けます。
これらの変化に対応し、進化し変わることを学ばない人々は、徐々に落ち目になっていく結果に直面します。
現代の人々は、ゲームの中心にとどまっているのではなく、わずかに出し抜いていたい。
翌日に卓越した利益を刈り取るために、今まさに正しいトレンドに投資したいのです。
成長発展するテクノロジーとサービスと同様、昨今の中小企業も好調です。

事業者も成長しなければなりません。最新のトレンドと技術に常に遅れをとらないことは、現在どんな大きな企業だろうと中小企業だろうと不可欠となりました。
ある分野で個性を発揮し成功したい中小企業であれば、なおさら一層重要になります。
ビジネス競争に勝ち、ゲームで他者を出し抜いているために必要な、トップクラス中小企業のビジネス・トレンドを見てみましょう。

パーソナライズ(個人の興味や関心、行動特性に合わせて最適な商品やサービスを提供すること)

我々は過去2年間のあらゆるビジネス・トレンド・リストに「パーソナライズ」が入っているのを見ました。それは何を意味し、どのような違いが生じるのでしょうか。
顧客はパーソナライズされた顧客経験とパーソナライズされた商品を欲しがります。
パーソナライズされた商品やサービスを得るためなら、喜んで待ちます。
ショーケースにあらゆる顧客向けの商品が陳列された日々は、過ぎ去りました。
今はカスタマイズ(特別注文)の時代です。多くの雑音と選択肢が顧客の周りにある中、彼らの望むパーソナライズした商品を提供することは、まさに中小企業が生き残る道です。

ミレニアル世代(1989年~1995年生まれ)後、つまりZ世代(1996年~2010年生まれ)は、まもなくアメリカ国内消費者の半分を占めるようになります。
これらの顧客はパーソナライズされたコミュニケーションと経験を望み、そのための代金を支払う気があります。
Z世代は感受性の強い状態にいます。つまり、今Z世代の支持を得ること、彼らの注目と忠誠を得ることは、将来に多くの進展とビジネス拡大をもたらすことになります。

AI(人工知能)とML(機械学習)に本来のことをさせ、人間の仕事を脅かせない

AI(人工知能)とML(機械学習)はようやく普及してきました。
しかし、今でも誰かがこれらに言及すると「業務になじまない」、「これらテクノロジーが従業員の仕事を奪う」と思う。  
最初にMLについて話しましょう。
MLは、「異質なもの」あるいは、ありそうもないテクノロジーでありません。
Spotify(ミュージック配信サービス)またはNetflix(映像ストリーミング配信サービス)を利用したら、毎日MLの技術に触れることになります。
あなたの音楽趣味によってあなたのためのプレイリストを生成するために、SpotifyはMLとAIを使用します。そのデータを数千人と比較します。
Netflixも同じような動きをし、あなたが一気に見納めできる映像をお勧めします。  

次に、AIについて話しましょう。
AIはおそらく人類を脅す1つのテクノロジーです。しかし、あなたの心で生じる「ロボットは悪い」という声を拒否するならば、AIがいかにあなたの仕事を助けるかを知ることになり、それが凶悪で破壊的なロボット以上の働きであることがわかります。

AIは冗長で集中的なプロセスを自動化することができて、企業活動にとって不可欠です。中小企業にとってなおさら、専門家の光で自分自身を描くことが可能となり、メジャー・リーグと伍して闘うことができます。
中小企業の立ち上げスタート期に、AIを組み込むことが容易で、出発地点からあらゆる手順を集積できる長所があります。 まさに立ち上げからスタッフにAI訓練をすることができて、標準的な基礎技術として使うことができます。すでに確立した企業はプロセスをやり直さなければならず、AIを取り入れるために活動を概説しなければなりません。
それは中小企業が取り組む問題でありません。

遠隔勤務、自宅業務

多くの人々は、自宅で働くことは仕事を先送ったりすることが可能になり、気を散らすものが多すぎると思っています。 自宅で働くことは、多くの時間の無駄を産み、生産的な時間が少なくなると、しばしば言われます。
しかし研究は、それが正反対であることを証明しました。

スタンフォード経済学教授のニコラス・ブルーム氏によれば、自宅で働くことは、常に良い結果を示しました。
研究者らはCTrip(中国最大の旅行代理店)と実験を行いました。離職率が50パーセント(ビジネス指標として、かなりの改善)下がり、売上は13パーセント増加しました。
本研究があまりに成功裡だったため、CTripは研究後、すべての従業員に自宅で働くオプションを与えました。
従業員が想定外の成果を出し、潜在力をフルに発揮することを望むならば、自宅業務を許すことが解決策となります。
中小企業にとって、自宅業務はもう一つの利点があります。
従業員が自宅で働くことを決めたならば、多くの費用を節約します。 この柔軟施策は、中小企業が費用を管理して利益を得るのを援助します。 (フリーランサー・アウトソーシング、ビッグデータ省略)

ユーザー・レビューを過小評価しないでください

あなたがアマゾンのサイトで商品を探しているときに思いを馳せてください。
商品仕様は別として、最初に見るのはユーザー・レビューです。
ユーザー・レビューは人々が商品を買うにあたって、その特定の商品を証明する非常に重要な役割を演じます。 ユーザー・レビューが良い評価であったり、商品についての良い評価を読めば、より購入しがちになります。
ブランドそのものの広告より、消費者が推奨する商品を信頼する人間の傾向です。
それゆえに、中小企業が十分なユーザー・レビューを集めれば、人々は影響されて商品を買うことを確実にします。 (続く音声検索、ハイテクに精通した雇用、ストーリーとライブビデオ省略)

忘れないでください

これらのトレンドに乗ることは、ただ単なる中業企業である以上にあなたの企業を演出することを手助けします(少なくとも今から1日、1週間、1月経ってもたらされるものを知る者であれば)
(valuewalk.com)
https://www.valuewalk.com/2019/08/work-from-home/

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA