ドイツの静かな湖畔でヌーディストとイノシシのチェイシング

ヤフーニュース・オーストラリアのアッシュ・カント記者が、8月8日、ドイツの静かな湖畔で、突然生じた「ヌーディストとイノシシの騒動」を紹介しました。

素っ裸の男がかばんを盗んだイノシシを追い詰める

イノシシと2匹の子豚を追いかけるドイツ人ヌーディストとその仲間達が笑っている写真がオンラインで拡散した。

ドイツの首都ベルリンのトイフェルス湖、つまり悪魔の湖で、イノシシが別の入浴者のピザを勝手に食べた後、男の持ち物である黄色のカバンを盗んだときに撮られたものだ。

Facebookで写真をシェアした女優兼コーチのアデル・ランダウアー氏は、「自然の反撃! トイフェルス湖でのイノシシ狩り!」と名づけた。

黄色のバッグには男性のラップトップが入っているので、彼は「エデンのアダム」さながら裸のコスチュームで全力を尽くした。男はバッグを取り戻すべく、すべてを捧げた後、イノシシからカバンを取り戻した。

ワイルドなシーンを見た人々が喜んでおり、多くの人々がバッグを取り戻したことに安堵していた。「彼が黄色のバッグを手に戻ってきたとき、私たちは彼の成功を拍手で祝いました」とランダウアー女史はAP通信に語った。

この騒動の後、ランダウアー女史が男性に自分が撮った写真を見せると、男性は笑いネット上に投稿することを許可した。これらの写真は1万8000回以上共有され、多くの人々がその画像をとても面白いと思い、この紳士を称賛した。

「本当にウケる! 地球上のネガティブな状況の中で、私たちを笑わせるためには、これが必要なのです」と別の人は言った。

ガーディアン紙によると、ベルリンでは裸の日光浴は合法で、むしろ人気がある。 (au.news.yahoo.com)

https://au.news.yahoo.com/naked-man-snapped-chasing-boar-that-stole-his-bag-063242717.html

Never boaring !

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA