バーガーキングの広告が「人種差別だ」と話題に!

                                                                                          (EPOCH TIMES PORTALから)

EPOCH TIMEサイトにキム・ミレ記者が、4月8日、ニュージーランド・バーガーキングの広告論争を取り上げた。

「ベトナム・スィート・テンダークリスプ」という新商品の広告で、「女性が長く太い箸でハンバーガーをつかみ、男性に食べさせる場面」が、オンライン上の人種差別論争を呼び起こした。

SNSにはバーガーキング批判が並び、 200万人以上がこの映像をクリックした。 「箸で食べることが人種差別なのか?」といった意見もあったものの、思いがけない大論争になったことから、バーガーキングは直ちに広告を中止した。

過去にも広告や記事などに、箸を使って物議をかもすことがあった。

epochtimes.co.ke

http://www.epochtimes.co.kr/news/articleView.html?idxno=414803

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA