ベルリン市に「平和の少女像」日本政府は過剰反応

慰安婦「少女像」は韓国国内におよそ40ヵ所、米国、カナダ、ドイツ、オーストラリア、中国、台湾などにも設置されています。作家はキム・ウンソン氏55歳とキム・ソギョン氏54歳の夫婦で、他の作家による作品も増えています。

近年で騒ぎになったのは、韓国日本大使館・総領事館前の慰安婦像でした。「日韓の慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」とうたった2015年の日韓合意に違反しているとし、対抗措置として長嶺安政駐韓大使らを2017年1月に一時帰国させ、直後に日韓通貨スワップ協議の停止と、ハイレベル経済協議の延期を通告しました。

昨今では、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、平和の少女像が出品されましたが、抗議、テロ予告、脅しが殺到したため、展示打ち切りとなってしまいました。河村たかし名古屋市長は、愛知県の大村知事に対し、「日本国民の心を踏みにじる行為」だったとして、展示中止を求める抗議文を提出。その後の企画展「表現の不自由展・その後」再開を知って愛知芸術文化センター前で、再開に抗議する座り込みもしました。

昨年9月、菅義偉官房長官が、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」への補助金(約7800万円)撤回を発表したことも、昨年7月以降に繰り出した報復措置(半導体製造材料3品目の輸出規制、半導体製造に関連する製造技術移転の輸出規制、ホワイト国からの除外)とだぶります。

なぜ韓国人は「慰安婦像」をむやみに設置したがるという論調の裏側にあるのは、なぜ日本人は歴史を直視せず修正(美化)するのか。歴史修正主義を改めない限り、永遠に慰安婦をどこかに設置されては、猛抗議するというイタチごっこが続くのです。

韓国の総合マルチメディア企業の韓国経済TVウェブで、10月29日、聯合ニュースのイ・セウォン特派員により、ドイツのベルリン市ミッテ区に設置された「平和の少女像」に対して日本政府の地方自治体を巻き込んだ過剰な反応を報じました。

東京の区長「ドイツの少女像による日本人差別を憂慮」と主張

縁結びのベルリン市ミッテ区に書簡を送り、撤去を促す。全方位でロビー活動

(東京/聯合ニュース)イ・セウォン特派員

日本政府は、ドイツのベルリン市ミッテ区に設置された「平和の少女像」の撤去を要求する中、ミッテ区と交流する日本の地方自治体までロビー活動に乗り出したことが分かった。

毎日新聞が29日報じたところによると、ドイツのミッテ区と友好都市提携を行う東京都新宿区の住吉健一区長は「両都市の友好のために有益な結論を期待している」とし、事実上、少女像の撤去を求める趣旨の書簡を今月21日、ミッテ区庁長に送った。

住吉区長は、ドイツ在住の日本人やミッテ区との交流事業への参加を希望する新宿住民から、少女像の設置によって日本人差別が生じることを懸念する投書が相次いでいると主張した。

書簡の発送は、日本政府の動きとも連動していると思われる。 日本の外務省は前日開かれた自民党会議で、少女像撤去のために日本の各地方自治体と協力していると説明した。

sewonlee@yna.co.kr (www.wowtv.co.kr) http://www.wowtv.co.kr/NewsCenter/News/Read?articleId=AKR20201029121900073

2 thoughts on “ベルリン市に「平和の少女像」日本政府は過剰反応

  1. 「歴史修正主義を改めない限り、永遠に慰安婦をどこかに設置されては、猛抗議するというイタチごっこが続くのです。」

    まさに、ここ、ですね。
    日本という国、そこの政治、そこの人々ーー世界から「総合的俯瞰的」に眺めれば、まだまだ多分に国粋主義的なものでしょう。

    1. 島国(一枚岩で正確緻密・時間厳守、閉鎖的、狭量、侵略されづらく周辺国の影響をあまり受けずに民族間問題も少ない)という負の特性が、肝心なところで足を引っ張っている感じがします。
      たとえば学徒出陣で特攻隊員になって死んでいった若者は、時の権力者のエゴの犠牲になったたいへん哀れな人達だと思うのですが、この国では「お国のために死んでいった英雄として美化」、ここまでは一つの考え方と許容するにしても、それに反する考え方の人々を一方的に非国民扱いするような風潮・同調圧力に流されやすい国民性があります。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA