味噌まみれの東京オリンピック

ロイター通信によれば、2020年東京オリンピック招致委員会が、海外に送金した金額は11億円を超え、その中でもシンガポールのコンサルタント会社であるブラックタイディングス社(Black Tidings Co)に2億3千万円を支払っています。

本件でブラックタイディング社の元代表タン・トンハン氏は有罪判決を受けています。タン・トンハン氏は国際オリンピック委員会のラミン・ディアク委員の息子の友人で、タン・トンハン氏を介してラミン・ディアク委員にお金が渡った疑惑をもたれているのです。

ブラックタイディングス社が登記していた事務所は、古びた集合住宅の一室にすぎず、事務所の体裁さえ保っていません。各世帯に2枚のガーゼマスクを配布したアベノマスク事業で、随意契約によりマスク調達(4億7千万円)を受注したユースビオも、本社所在地はプレハブ長屋で看板もなかったため、ぺーパー・カンパニーではないかと噂されたのは記憶に新しいかと思います。 胡散臭いできごとには、ペーパー・カンパニーやダミー会社(犯罪の隠れ蓑として利用)がついて回ります。

また、株式会社電通グループは2013年に東京オリンピック招致委員会に6億7千万円の寄付を行って、オリンピック開催都市選定への投票権を有する国際オリンピック委員会の一部委員らにロビー活動をしていたことも報じられています。

実際にフランス検察は、東京オリンピック招致委員会がラミン・ディアク委員とその息子に賄賂を支払った疑いがあるとみて捜査中です。

エンブレム盗作疑惑

デザイナー佐野研二郎氏の作品が東京オリンピックの公式エンブレムに選ばれたものの、その後ベルギー劇場のロゴと酷似していると指摘され、ロゴをデザインしたベルギーのオリビエ・ドビ氏らに訴訟を起こされたことや佐野氏から「五輪のイメージに悪影響を与えるため提案を取り下げたい」との申し出があったことにより、佐野氏のエンブレムは使用中止にとなってしまいました。

新国立競技場建設における迷走

 当初の予算は現在の半分以下、1300億円と見積もられていました。競技場設計をイラク出身の女性建築家ザハ・ハディド氏案に決定した後に、倍以上の3000億円がかかることが判明、世論の強い批判を受けてザハ案は白紙となりました。

再コンペによって、大成建設・梓設計・隈研吾氏による案が決まりました。「聖火台がない」など土壇場まで混迷を続け、ようやく2019年11月30日に完成、1569億円を要しました。新国立競技場の入場者からは「通路が狭い」、「座席が狭い」、「木漏れ日で会場が見づらい」などといった苦情も聞こえてきます。

【The Yakuza Olympics】

https://www.thedailybeast.com/the-yakuza-olympics

韓国のDongA.comの国際ニュースでは、11月13日、来年に延期された来年の東京オリンピックについて、次のように報道しています。

東京オリンピック 観客2週間隔離の免除を検討(菅内閣の内情)

新型コロナウイルス感染症の感染が再び拡散している中、日本政府が来年の東京オリンピック・パラリンピックの観客受け入れ対策の検討を急いでいる。五輪そのものが政権最大の浮揚策という事情がある。

13日付の朝日新聞によると、日本政府は東京五輪の観客受け入れのための対応策を本格的に検討している。トーマス・バッハ国際オリンピック委員会会長の訪日を控え、五輪運営の骨組みを提示する目的がある。

バッハ会長は今月15~18日、日本を訪問して国立競技場、選手村などを視察し、菅義偉首相と会談する。

11月12日、首相官邸では政府、東京都と東京オリンピック組織委員会の調整会議が開かれた。政府は外国人観光客に対し、入国後2週間の待機措置を免除し、公共交通の使用を認める方向で検討していることを明らかにした。(中略)

日本政府は、いったん海外観光客の受け入れを認める場合、彼らの行動に強い制限を設けるのは困難だとしている。政府関係者は「入国後、待機などを要求すれば来るなというのと同じだ」と述べた。「繁華街の出入り制限を設けるのも難しい」と漏らした。

日本の11月12日のコロナウイルス感染症の新規感染者数は1,661人だった。 1日の最多感染者数を更新した。それにもかかわらず、入国直後の隔離免除、公共交通機関の利用可能など破格の海外観光客受け入れ案を検討するのは、東京オリンピックが政権の最大の「浮揚策」だからだ。

朝日新聞は「菅政権は五輪が最大の政権浮揚策と認識している」と伝えた。コロナ19で直撃弾を受けた経済を回復する絶好のチャンスだ。菅首相は周囲に「東京オリンピックを行うことに決めた」と述べた。

政府内では「感染状況がひどい場合は、絶対に無観客ゲームにしてもする」との見方も出ている。 (donga.com) https://www.donga.com/news/Inter/article/all/20201113/103947936/1

2 thoughts on “味噌まみれの東京オリンピック

  1. 電通による金銭授受等に関して、英仏で大々的に報道がなされてからすでにかなりの時間が経過していますが、なぜか日本のマスコミではまったくといっていいくらい取り上げられませんね。先日のバッハ会長の、開会を前提としてのコメントなどにもいっそう、不信感をつのらされます。

    1. フランス検察から、贈賄容疑で捜査を受けている竹田会長の辞意についても理由について深堀りしたマスコミはまったくなかったようです。
      コロナ感染者が急増しているのに「開会ありき」の姿勢は、納得がいかないですね。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA