外国人から見た新幹線のすごさ

JR西日本 500系新幹線(時速320km/h対応)

経営者、起業家や投資家のための経済誌を発行しているCEOWORLD Magazine(米ニューヨーク)のウェブサイトで、7月19日、エマ・ロンドン氏が外国人観光客のための新幹線利用を推奨し、外国人視点による新幹線のすごさを記事にした。

交通ネットワークのライフラインというだけでなく、新幹線は主要な観光源でもある。列車旅行としては値が張るかもしれないが、新幹線に乗ることは、補って余りある値打ちがある。

あなたに感動を与える6つの事実を以下に紹介する。

1 素晴らしいデザイナーによって、1964年から稼働

新幹線は遠く離れた地域を結び、経済の急成長を確かにするための試みとして見事に成功したものです。今日、大都市間交通の中で、最も速いモードと言われています。

ネットワークは1964年に始まり、島秀雄氏(元国鉄の技師長)により精密につくられた。 島氏は自分の業績に誇りを持ち、退任後は宇宙開発事業団の初代理事長に就任し、ロケットの水素エンジン使用を促進した。

2 地震でさえ、新幹線を揺らすことができなかった

日本は地震と台風で知られており、日本人は天災から逃れられないが、それらから学ぶことを知った。

日本の文化を代表するこの復元力が、新幹線の規則を具現化し、世界の最も安全な鉄道ネットワークの一つにした。 1964年の新幹線稼働以来、100億人を超える乗客を運んだ。いまだ、かつてどんな地震や台風にもびくともしない。

3 非常に時間に正確です

インド鉄道の乗客に、時間どおりの列車到着が何を意味しているか尋ねてみなさい。あなたは、列車が時間通り到着し、出発することがどんな素晴らしいことかがわかるでしょう。

日本の鉄道は時間厳守の価値を知り、その価値を保証する。 あなたは、新幹線の出発・到着の平均的遅延が、わずか54秒と聞いて驚くかもしれない。しかも、54秒には荒天や自然災害による遅延も含んでいる。

4 いつもきれい

新幹線は地球上の最もクリーンな鉄道ネットワークのうちの1つだ。その理由は、新幹線劇場という国際的レベルの清掃スタッフを有しているからです。

清掃スタッフは、どうにかして7分という短い時間内に列車内をくまなく清掃します。そんな短時間に全車両を清掃しているのに、列車内は申し分なくクリーンです。

神のみぞ知る魔法のようです!

5 いつも乗る列車がある

もしあなたが新幹線ネットワークが2~3本の列車で成り立っていると思ったら大間違い。日本らしく一旦魂を入れ込んだら、決して進化が止まりません。

新幹線は、ミニ新幹線を含め、大規模なネットワークに成長しました。 現在、新幹線ネットワークは毎日800台を超す列車を動かしています。ピーク時には、1時間あたり最大で13本もの列車が約3分おきに、それぞれの方向(往路・復路)を走っています。

どれほど効率的にネットワークが運営されているかを想像してみてください!

6 外国人にはジャパン・レール・パスという割引がある

観光は日本にとって主要な収入源です。日本の人口減少は、外国人観光客による新幹線利用を促進するさらなる誘因策をもたらしました。

1つはジャパン・レール・パスです。 ジャパン・レール・パスは、国内の長距離旅行に有益なパスで、それは外国人観光客に専ら利用されるもので、極めて低い価格で交通手段を提供してくれます。

パスは新幹線を含む全体の日本鉄道ネットワークで有効です。 日本に来る前に、このパスの購入方法を確かめなさい。あなたにとって多くの時間とお金を節約することにつながります。大胆なコスト低減と、快適さをもたらしてくれます。

(CEOWORLD)

https://ceoworld.biz/2019/07/19/6-things-you-might-not-know-about-japans-shinkansen/


さっそく記事への反論となってしまいますが、2004年10月23日に起きた中越地震(震源13kmの直下型でマグニチュード6.8震度7)に伴う上越新幹線脱線事故を覚えている人は多いと思います。

新幹線先頭車両が脱線し傾いて、線路はぐにゃりと大きく曲がった映像が流れました。

脱線こそしたものの幸い横転や衝突という惨事にならず、死傷者は1人も出ませんでした。

記事5に記載あるミニ新幹線とは、新幹線規格の線路を敷設せずに、在来線を改造軌道した上で、新幹線路線と直通運転できるようにした路線を走行するサービスのことで、山形新幹線つばさや秋田新幹線こまち等があります。

外国人観光客にお勧めのジャパン・レール・パスとはJRグループ(JR北海道・JR東日本・JR東海・JR西日本・JR四国・JR九州)が共同で提供するパスで、外国人が日本中を鉄道で旅するのに最適な切符です。

パスを購入できるのは、「短期滞在の入国資格により観光目的で日本に来た外国人観光客」と「在留期間が連続して10年以上である海外在住の日本人」に限定されています。

たとえば、7日間新幹線を含むJR列車乗り放題で大人38,880円(グリーン車)・29,110円(普通車)

14日間新幹線を含むJR列車乗り放題で大人62,950円(グリーン車)・46,390円(普通車)という価格設定です。

現在、東京⇔新大阪間の新幹線普通車指定席券(往復)が28,280円ですから、7日間で29,110円というのは破格に安い価格設定であることがわかります。

JRのシニア割引

 ジャパン・レール・パスに関連し、JRグループのシニア割引を紹介します。

JRグループ共通 「ジパング倶楽部」

対象年齢: 男性65歳以上、女性60歳以上(年会費 個人3,770円、夫婦2人で6,290円)

サービス: JR線を片道・往復・連続で201キロ以上利用した場合、運賃・料金ともに20%・30%割引、会員には月刊誌「ジパング倶楽部」の配布

JR北海道 「大人の休日倶楽部ジパング」

対象年齢: 男性65歳以上、女性60歳以上(年会費 個人4,285円、夫婦2人で7,320円)

サービス: JR北海道・JR東日本切符が何回でも30%割引、会員には駅レンタカー等の特別割引あり

JR東日本 「大人の休日倶楽部パス」

対象年齢: 50歳以上(入会時に大人の休日倶楽部専用のクレジットカード作成要) 年会費(年会費+カード年会費)は「ミドル」が2,575円、「ジパング」が個人4,285円、夫婦2人で7,320円

サービス: 対象のJR全線が4日間乗り放題 15,000円、JR北海道・JR東日本 5日間乗り放題26,000円 JR北海道・在来線全線 5日間乗り放題 16,250円 新幹線を含む特急列車の普通車自由席に乗車可、座席指定をすれば普通車指定席が6回まで利用可

JR東海

「50+(フィフティ・プラス)」

対象年齢: 50歳以上(入会金・年会費無料)

サービス: WEB会員限定のプランは出発地別に各種ツアーあり。WEB会員限定の往復新幹線+ホテル宿泊というシンプルなフリープランは自由度が高く便利(ただし、最少人数2名から)

JR西日本

「おとなび」

対象年齢: 50歳以上(会費無料、J-WESTネット会員への登録要)

サービス: おとなびWEB早特(山陽新幹線の割引率がのぞみでも40%引き、ただし設定区間は新大阪~岡山・広島・博多等限定、その他会員限定の割引切符あり)

JR四国

「四国エンジョイクラブ」

対象年齢: 男性60歳以上、女性55歳以上(年会費1,500円)

サービス: JR四国と土佐くろしお鉄道の運賃・料金30%割引等

JR九州

「ハロー! 自由時間クラブ」

対象年齢: 男性60歳以上、女性50歳以上(年会費無料)

サービス: 会員限定の割引切符あり、JR九州全線・北部九州のJR九州線が、新幹線を含めて3日間乗り放題になる「ハロー!自由時間パス」あり 普通車指定席は6回まで利用可能(利用除外期間なし) 、全九州エリア版と北部九州エリア版の2種類あり

2 thoughts on “外国人から見た新幹線のすごさ

  1. 新幹線がらみにもさまざまな割引切符があるものですね。特にジャパンレールパスには驚きました。外国人観光客誘致、ですね。
    (わが高校時代、修学旅行で京都へゆくときのこと。東海道新幹線のなか、クラスのマドンナがドアを手で閉めようとしていた、わが田舎の「汽車」には自動ドアなんてなかったのだ。忘られぬ思いで。)

  2. 思い切った割引で驚きました。簡単に元が取れるどころか、数倍取り戻してほくほくな気分になるでしょう。日本中を旅するツアー客にとって、これほどありがたいパスはないですね。
    マドンナの話しおもしろいですね。かわいらしく赤面していたことでしょう。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA