酒を飲む前の食品ベスト10

Medical Daily(健康情報提供サイト)で、5月16日ヤン・コルテス氏が、お酒を飲む前に食べるべき10の食品を推奨した。

                                         (freepik.com)

お酒を飲む前に正しい食べものを摂取することは、体内の電解質バランスを保ち、空腹をうまくコントロールし、二日酔いやアルコールの悪影響を減じることができる。

オーツ麦 

食物繊維と蛋白質の源で、アルコールの害を減じるだけでなく満腹感をもたせる。研究によれば、肝臓をアルコールによる損傷から守るという。

サーモン

オメガ3脂肪酸の宝庫。どんちゃん騒ぎ酒宴による急性の炎症を抑える。

ベリー

食べやすく、水分補給に適する。抗酸化作用があり、アルコールによる損傷から細胞を守る。

アスパラガス

ビタミンとミネラル豊富で、肝臓を元気にすることで知られる野菜

 

究極のたんぱく源で、長い間満腹感がもてる。アルコールの吸収を遅らせる。

バナナ

カリウム豊富で、お酒を飲んでも電解質のバランスを保つ。

アボカド 

バナナと同様、カリウム豊富。一価不飽和脂肪酸豊富で、アルコール吸収を遅らせる。

サツマイモ

カリウムだけでなく、複合炭水化物により消化に時間を要し、アルコールの悪影響を減じる。

トレイルミックス

ヘルシーなスナックで、アルコールの悪影響を減じる。

メロン 

水分豊富で、適度な水分補給に適している。

(medicaldaily.com) https://www.medicaldaily.com/10-foods-eat-drinking-alcohol-counter-adverse-effects-434858

オーツ麦とは、イネ科カラスムギ属に分類される一年草で、燕麦(エンバク)のことだ。

グラノーラやオートミールなどに加工される麦で、外皮にβ-グルカン(血中コレステロール・血糖値の抑制効果あり)を多く含むそうだ。玄米ごはんを食べるようなマニアックな方々はともかく、一般には馴染みの薄い食品ではなかろうか。

ベリーとは、ブルーベリー、イチゴ、ラズベリー、グーズベリー、ブラックベリー、クランベリー、マルベリーなどの総称だ。

トレイルミックスとは、アウトドアで食べる栄養食のことだ。ナッツやドライフルーツなどが混ざったもので加工度合いの低いヘルシーフードだ。

二日酔い対策といえば、「ウコン」や「しじみ」を想像するがまだまだあった。

これらを踏まえて、今日も美味しいお酒を飲みましょう。

2 thoughts on “酒を飲む前の食品ベスト10

  1. わたしのためにあるような記事です(笑)。

    韓国ドラマを観ていると、フルーツを摘みに呑んでいるのによく出くわす。
    10のうち4、5(トレイルミックスというのを半分含めて)が果物でした。
    韓国! 理に適っていた!

    参考にいたします。

  2. たしかに居酒屋なんかで、おしんこ、なすのおひたし、もろきゅう、冷やしトマトを頼みますが、フルーツという発想はまったくないですね。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA