養豚場でクラシック音楽

ロイターのテクノロジー・ニュースで、12月4日、アンナ・マノ記者が、クラシック音楽を聴きながらリニア・フィーダー(直線給餌搬送機械)で配給される餌を食べ、健やかに育つ養豚場のブタたち。

コロナ禍にあって、当該機械と中国の旺盛な需要によって農家の経営状態も大幅に改善していることが報じられました。たしかに動物や植物が音楽に癒されるのは間違いないようです。

コロナ・パンデミックの中で、クラシック音楽を奏でながらブタに餌をやるブラジルロボットの注文が急増している

サンパウロ(ロイター通信)

コロナ・パンデミックの中で農家がコスト削減に努める中、適量の食事を配給しながらクラシック音楽を奏でるブラジルの豚用給餌ロボットの注文が急増した。

ロボットを販売しているロボアグロ社は、木曜日にロイターに送られた声明で、注文は月平均400%増加して、60台になったと語った。この機械はリニア・フィーダーを使用しておりブタは囲いで分けられていて、1回の食事に必要な量の餌を受け取ることができる。

動作中はクラシック音楽を奏でることで、ブタのストレスを軽減すると同社は主張している。

ロボアグロ社のジョバニ・モーリン執行役員は声明の中で、このロボットは養豚場にいる人間の数を減らし、群れの管理を改善するのに役立つデータを生成すると述べた。

餌は豚の生産コストの75%を占め、需要の高まりによる穀物価格の高騰の中で、非常に小さな改善であっても価値があるのだ。 ロボアグロ社によると、このロボットを利用する農家は豚の給餌転換率を高め、動物の質を向上させることができる。

このロボットは、1,000匹のブタ群あたり年間推定4万レアル(約811,600円)を節約できるという。ただし、人件費は含まない計算だ。 ロボアグロ社によると、同社のロボットは、JBS SA(ブラジルの多国籍食品メーカー)やBRF SA(ブラジル第2位の多国籍食品メーカー)のような大型加工供給業者を含め、ブラジル国内の約500の農場で使用されているという(JBS SAやBRF SAは、同社の施設でコロナ発生阻止に取り組んでいる) 。

大タンパク質生産国であるブラジルは、豚肉の輸出量を1~10月に40%増加させた。 その貿易は18.7億ドルの収益を上げ、中国の旺盛な需要により50%近くの増加となった。

巨大なタンパク質生産国であるブラジルは、今年の最初の10か月でブタ肉の輸出量を40%押し上げた。その貿易で18億7000万ドル(約1948億円)の収益を生み出した。中国の旺盛な需要により50%近くの増加となった。

(reuters.com) https://jp.reuters.com/article/us-brazil-pig-farming-technology/amid-pandemic-orders-soar-for-brazil-robot-that-feeds-pigs-playing-classical-music-idUSKBN28D3F3


TOP 10 FUNNIEST DOGS WHO LOVE MUSIC

4 thoughts on “養豚場でクラシック音楽

  1. 家庭内掃除機ロボットは相当に普及してきました。ロボット化の流れは止まらない。
    豚さん、ブロイラーのようです。こんどは屎尿処理ロボットですね。豚さん一匹一匹とにんげんひとりびとりとは疎遠になってゆきますね。
    豚をみて思いだしました。以前には考えられなかったことですが、ーー当方の家の近くの森にイノシシがなんどか見掛けられたのです。小学校では注意喚起がなされています。猪突猛進、こわいです。
    (音楽にノる犬たちの動画、最高でした! 当方もすぐに体が動いてくるほうですが、これは犬から譲り受けたもののような気が、いま、しています。)

    1. まるでブロイラーのような扱いですね。救いはクラシック音楽が流れてブタの心を安らげていることでしょうか。海浜松林に突如現れたイノシシ、どっかから舞い込んできたのでしょうか。山里から降りてきたわけでもないだろうし、ルーツを知りたいですね。植物も高尚なBGMが流れていると、発芽や生育が早いという研究が報告されています。

  2. イノシシーー角田山の方からしだいしだいと生息域を広げてきたらしいのです。川など泳いでも渡るらしい。目撃情報は相次ぎ、西海岸公園という当方の家からすぐのところでも。山が痩せてきているから…
    ツキノワグマはここ一年、村上市の市街地などに出没してはひとを襲うことも多くなった。亡くなったかたもいます。
    まさかクマまで当方の家の近所に来ることはないとはおもいますが…
    (夜歩いていて、ここ数年、タヌキやハクビシンをみかけることがしょっちゅうです。)

    1. 磐梯山や小千谷~魚沼方面にしか想像をめぐらしませんでした。角田~弥彦のイノシシが降りてきたのですね。イノシシも高齢者や子供など弱い者に突進してくるという、ご家族に十分気をつけてくださいませ。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA